不動産査定書って何?

不動産査定書って何?

日本には様々な問題が取りざたされています。
数えればきりがありません。
その中でも人口の減少は大きな問題になっています。
高度成長期を含めて日本では人口が増加していました。
経済も右肩上がりの状態でした。
貯金をすれば利息がたくさん付き、サラリーマンは終身雇用が約束されていた時代では、日本人は稼いだものは貯金をしておくだけで良かったのです。
ところが今の時代は全く違います。
貯金が好きな日本人は自分の資金を増やすことも出来ない状態です。
日本人は投資が苦手で貯金が得意と言われてきました。
これは今も昔も一緒でしょう。
投資でお金が増やせればよいのですが、それが苦手な場合は、他の手段でお金を増やすしかありません。

前述のように日本では人口減少が大きな問題になっています。
それと比例して空き家問題というのも取りざたされるようになってきました。
人口が減るわけですから空き家が増えるのは当然でしょう。
空き家は放置しておくと必ず朽ち果てます。
そしてゴミが投げ込まれるようになり、さらに放置をすると通称「ゴミ屋敷」と呼ばれる状態にまで発展することになることもあります。
それを防ぐためには、その空き家の所有者の親族がその家にたいして、何らかの対策を採る必要性があるのです。

不動産を投資に利用する

例えば、空き家を人に貸すという方法もあります。
そうすれば家賃収入が入ることになります。
そのお金でその家の固定資産税を支払えば、税金の持ち出しはなくなります。
他にも家を売却するという方法もあります。
売却すればそれ相応のお金が入ってきます。
ただし不動産にはロケーション、つまり立地が大切であるといわれます。
その為、すぐに売れるわけではないことは承知しておきたいものです。

さて、もしも空き家を含めて自分たち親族の持ち家を売る場合には、いくらになるのかは大抵わからないものです。
特に不動産売却など人生で1度あるかないかの問題ですから、見当もつかない人がほとんどです。
そのような場合には、売却する前に、不動産会社に依頼をして、査定をしてもらうという方法があるのです。

不動産査定書とは?

不動産査定とは、その不動産を売る場合にいくらくらいになるのかを不動産会社から教えてもらう方法です。
査定しただけでは売りに出されることはありません。
そして査定の方法は大きく分けて2つあるのです。

一つは不動産仲介会社に査定を依頼した場合です。
仲介会社に依頼をすれば無料で査定してもらえます。
その査定の際に書類が作成されますが、それが「不動産査定書」です。
不動産査定書も無料で作ってもらえます。
ちなみに査定書は不動産会社によってまちまちです。
作成までには約1週間ほどかかると考えておいたほうがよさそうです。

他にも不動産仲介会社に査定を依頼する以外にも、不動産鑑定士に依頼することも可能です。
不動産鑑定士に査定を依頼すると、20万円ほどの料金が掛かります。
鑑定士の場合には鑑定する不動産を「収益還元法」や「原価法」、そして「取引事例比較法」の3つで算出します。

不動産を鑑定する3つの方法、収益還元法・原価法・取引事例比較法

収益還元法とはその物件が賃貸住宅などであった場合に、どのくらいの家賃や収益を生み出すかがわかります。
原価法はその土地と建物の価値を足して求めるものです。
3つ目の取引事例比較法は、その査定する土地の近所の似たような物件を比較して、価格を求めるというものです。
ちなみに鑑定士の査定では、国土交通省が定めている「鑑定評価基準」に則って査定が行なわれることになります。
かかる時間は1週間以上は見ておいた方がよいでしょう。
鑑定士の査定では、不動産仲介者が行う査定よりも時間と費用が掛かります。
その分受け取る不動産査定書は、仲介会社が作成したものより正確な資料であることは言うまでもありません。

不動産を査定する2つの方法、簡易査定・訪問査定

さらに、査定の方法も2種類ある事を知っておきましょう。
一つ目は「簡易査定」という方法です。
簡易査定とは、売却したい物件の築年数や、住所など不動産の基本的な情報で査定する方法です。
メリットはインターネットからも査定の依頼をすることが出来るという事でしょうか。
そして、二つ目は「訪問査定」という方法です。
これは売却したい物件を実際に現地へ赴いて、環境や建物の劣化の具合などを確認する方法です。
簡易査定と比べると時間はかかりますが、実際現場へ行って目視や計測をすることになるので、正しい査定の答えが出ることは間違いないでしょう。

不動産査定書に記載されること

完成して手渡された不動産査定書には、査定価格の他にも建蔽率や容積率、用途地域や面積などが事細かく記載されています。
その他にも、不動産の近所の周辺環境や、不動産の方位や日当たりまで掲載されているのです。
大切なことは査定価格が詳細に記載されているかどうかです。
詳細な査定書の方が不動産の事を、事細かく知ることが出来る上に、作成してくれた仲介会社の信用にもつながります。
そして納得できる価格であればその不動産を売却して、売却金額を得ることが出来るという事になります。

不動産の査定方法カテゴリの最新記事